So-net無料ブログ作成

小学生奨学プログラム [報告]

3月中旬から始まった小、中、高等学校の長いサマーバケーションも終わりに近づいてきた。6月の第1月曜日から学校の新学期が始まる。今年になってから大阪の守口ロータリークラブのメンバー様より事業提案があり、小生の推進するNGOライズエイジアが賛同し、協力することになった。事業名は守口ロータリークラブ・スモーキーマウンテン・スカラーシップ(MSS)で、今年6月に小学校1年に入学する5人の子どもたちを対象に1年間の教育支援を行う。対象者はスモーキーマウンテン本住宅にある、サンバヤナン・クリスチャーノ・デイケアセンター(Sambayanag Kristiano Daycare center)(3~6歳児対象の幼稚園)を今年の3月に卒業した386人より、7人の幼稚園教諭が奨学生を選考する。奨学生選考条件は、①両親に決まった職業がない。②両親の収入が少なく生活困難である。③両親が子どもを就学させたい。④デイケアセンターで母親が給食ボランティアをしている。⑤ラクソン小学校へ入学希望、以上の5つである。5人の奨学生が選考された後、新たなスポンサーとして大阪府守口市の勧正寺様が賛同してくださり、あと5人の奨学生を追加して、合計10人の小学生奨学プログラムを始めことになった。小学生奨学プログラムの内容は、制服、靴、鞄、傘、合羽、体操服、文具類、交通費等の支給と1ヶ月に1回の奨学生親子懇親会である。不定期な奨学生の家庭訪問は実施しようと思っている。早速、デビソリア地区(華人総合卸売市場)に奨学生対象者を連れて、制服や靴の採寸を行い購入した。奨学生の子どもたちは引っ張りまわされて疲れたのか帰りのジープニー(庶民の移動手段)で皆、眠っていた。


▲制服の試着をする奨学生対象者


制服の試着をする奨学生対象者


▲靴を履いて足に合わせる奨学生対象者


▲昼食の時間が一番元気であった子どもたち


▲奨学生対象者に3人の幼稚園教諭と小生が同行


▲文房具問屋にて奨学生対象の10人

 


 


コメント(4) 
共通テーマ:blog

スモーキーマウンテン仮設住宅 [雑感]

マララ川(Marala River)とエステロ・デ・ヴィタス川(Estero de vitas)2本の川の河口に挟まれた海岸沿いのマニラ市トンド地区イスラ・デ・バルゥト(Isla de Balut)を、行政は1954年戦争の産物、瓦礫の処分場に指定した。そこは昔、貝や魚を取る漁師街だったが、瓦礫の処分が終わった後もマニラから出てくるゴミを継続的に処分した。その後、ゴミ集積場になり、ゴミの山からは蓄積したガスが自然発火して白煙を上げるようになった。ゴミの山は高さ40メートル、広さ21ヘクタールに及び、スカベンジャー(ゴミを拾い、分別して換金して生計を立てる人)がバロンバロン(継接ぎ細工の家)を建ておよそ3500世帯、およそ20,000人の人たちが40数年に渡って暮らしていた。そしてスモーキーマウンテンと呼ばれるゴミ集積場は1994年に行政の指示によりゴミ集積場を閉鎖した。1995年ラモス大統領政権が「クリーン・アンド・グリーン」2000年都市開発計画の一環として、およそ3500世帯のスモーキーマウンテンの住民は、行政がトンド地区アロマに設置した無償のスモーキーマウンテン仮設住宅(Smokey Mountain Temporary Housing)に移住をした。行政の事業としてスモーキーマウンテンのゴミ集積場の一部のゴミを撤去して、スモーキーマウンテン本住宅(Smokey Mountain Permanent Housing)の建設が始まった。初めは2年の仮設住宅滞在期間としていたが、エストラダ大統領政権に変わり、大統領が汚職をし、アロヨ副大統領が繰り上げ大統領になった8年後の2003年に本住宅が完成し、仮設住宅住民は本住宅に移住した。 その後、31ビルディング(棟)ある仮設住宅には、他所の地区から流入したスクワッター(違法占拠住民)が、この仮設住宅に住み込んでいる。住人の数は把握出来ていない。


▲スモーキーマウンテン仮設住宅のビルディング


▲仮設住宅には電気も水もない


▲仮設住宅のスクワッター(違法占拠住民)の人たち


▲通路等誰もメンテナンスをしていない


▲陽気なスクワッター(違法占拠住民)の人たち


▲仮設住宅住人と家財道具

 


コメント(7) 
共通テーマ:blog

タガイ・タガイ [雑感]

土曜、日曜日の休日に限らず、平日の午前様からスモーキーマウンテン本住宅で、呑んだくれている親父さんたちに出くわす。親父さんたちの殆どが、ゴミを拾って仕分けをする仕事をして収入を得ている人たちである。タガイ・タガイ(Tagay-tagay)と呼ばれるフィリピンの基本的なお酒の飲み方は、飲む本人が、一つのグラスに国産ラム酒等をダブルぐらい注ぎ、一気に飲み干す。もう一つのグラスに並々注いだ水をまた一気に飲み干す。順番に飲む人にグラスを回していく。つまみは焼き魚か、残りのおかずを摘みながら飲む。ボトルが無くなると、飲み仲間でお金を持っている人がボトルを入れる。朝から晩まで飲んでいることも珍しくない。


▲ゴミを拾って仕分けをする仕事をしている人たちがタガイ・タガイ


▲タガイ・タガイをしてる陽気な人たち


コメント(6) 
共通テーマ:blog

スクワッターの居場所 [雑感]

農村貧困地方から都市貧困層地区への人口が流入し、マニラ首都圏は人口の過剰と労働市場の供給不足で、過剰都市環境の劣化が起きている。(5月9日EP=時事)によると、土地を持たない貧困層は、首都圏で80万世帯、500万人近くに上ると言われている。スモーキーマウンテン仮設住宅に隣接するゴミ集積場に約300世帯、約2,500人が暮らすスクワッター(違法占拠住民)のスラム街がある。何故か違法占拠地区が、バランガイ(行政最少地区)105地区ダマヤン(Damayan)と呼ばれている。スクワッターは、国の土地に無償でバラック小屋を建て生活をしている。本来は、違法なので立ち退かなければならないが、スクワッターは選挙の恩恵を受け大切にされ、選挙権まで与えられる。スクワッターは住民運動として、大きな顔で無償の移転先、無償の土地や建物を候補者にリクエストする。候補者が当選した暁にはスクワッターの意見を優遇するので、候補者への投票を頼むというのだ。双方が利用し、利用されている。選挙投票日から14日経過するが上院、下院議員の当選結果はまだ出ない。スクワッターの住民運動はどうなることやら・・・。


▲トンド地区ゴミ集積場のバランガイ105地区のスラム街  


▲約300世帯、約2,500人がスクワッター(違法占拠住民)が暮らす


▲バラック小屋と子ども


▲バロンバロン(継接ぎ細工の家)


▲スラム街のスクワッターの人たち


コメント(6) 
共通テーマ:blog

サコ集め [仕事]

毎日、スモーキーマウンテン本住宅から仮設住宅隣地にあるゴミ集積場に通って、ゴミを拾うことで生計を立てているChare(28)さん。主に鉄屑、空き缶とサコ(お米が入っていたプラ系の袋)を収集する。拾ったサコは、本住宅の横に流れるエステロ・デビタス川で汚れを洗い流す。きれいになったサコは本住宅の空き地で天日干しをしてから、サコ1袋2ペソで買い取ってもらう。サコは1ヶ月で約2,000ペソの収入になる。その収入の一部は兄弟の学費を支援しているそうだ。Chareさんは、まだ独身であと2人の兄弟が卒業したら、結婚する相手を見つけると照れながら言っていた。


▲洗ったサコを干すChareさん


▲きれいに並べられたサコ


▲サコを10枚ずつ束にして、10束を一つにまとめてしばる

 


コメント(4) 
共通テーマ:blog

結膜炎 [習慣]

スモーキーマウンテン本住宅や仮設住宅、ピア18トンド地区ゴミ集積場近隣スラム街にて、赤い目の子どもたちをよく見る。原因は感染によって広まる結膜炎で、ウイルスは温かい所を好むらしく結膜炎は乾期に流行する。症状は結膜の充血、目ヤニがたくさん出る、まぶたが腫れる、まぶたの裏側にブツブツができる、目がゴロゴロする、まぶしい、などがおもな症状である。治療は結膜の細胞のウイルスを効果的に排除する薬はない。このため、症状がそれ以上ひどくならないように、炎症を抑える目薬を差す。 結膜炎にかかったら周囲に感染させないように十分注意しなければならない。結膜炎を起こすウイルスの中には、感染力が非常に強いものもあるそうだ。


▲結膜炎の子ども

 


コメント(4) 
共通テーマ:blog

ココナッツジュース [食物]

ポリネシアや熱帯アジアに分布するヤシ科の単子葉植物に属するココヤシ(Cocos nucifera)は樹高15~30m、葉の長さは3~5mにもなる。果実はココナッツ(Coconut)と言われ、熟すと25cm程になり、やや先がとがった楕円形で、緑色をしている。その外側は丈夫な繊維を含む厚い層からなり、その内側にとても固い殻に包まれた種子がある。固い殻の中の周縁部には固形胚乳の果肉があり、中心部には液状胚乳が入っている。果肉はこりこりとしていて食用のほか、液状胚乳をココナッツジュースとして飲用する。1個の果実には約1ℓの液状胚乳が入っている。Jay(22)さんは、6年前からスモーキーマウンテンの仮設住宅を拠点に近隣を移動してココナッツジュースを販売している。 1個12ペソで100個のココナッツを1回に仕入れる。完売するには2、3日掛るとの事。Jayさんは、ココナッツ1個17ペソで販売すると、手際よくボロ(鉈)で外側の厚い層を切り落としていく、固い殻の先端に小さな穴を開けストローを差して、ココナッツジュースを飲む。飲み乾すと固い殻をボロで半分に割って、固い殻の周縁部付いている固形胚乳の果肉をココナッツの外側の皮をスプーン代わりにして削って食べる。プラスチックカップのココナッツジュースは、固形胚乳の果肉を細長くスライスしたものが入っており1杯5ペソである。


▲マニラ郊外のココヤシ林


▲毎日移動してココナッツジュースを販売するJayさん


▲ココナッツ


▲固形胚乳の果肉入りのココナッツジュース


コメント(8) 
共通テーマ:blog

ラジアルタイヤ [生活]

スモーキーマウンテン仮設住宅の隣地のゴミ集積場のスラム街で新しいことが始まった。マニラ市から廃棄されているゴミの量が減ったこともあるが、今まで見向きもされなかった産業廃棄物のタイヤに価値を見出した人たちがいる。以前タイヤと言えばバロンバロン(継接ぎ細工の家)の屋根のトタンやベニヤ板が飛ばないように屋根の上にタイヤを載せるぐらいしか使い道はなかった。ここでの注目はラジアルタイヤである。ラジアルタイヤとは、平坦路の高速走行に最適とされているタイヤのことで、乗用車からバス・トラック等の大型車まで、一般的に広く使われている。タイヤ表面の内側にある繊維層が、進行方向に対して直角(ラジアル)に編み込まれていることから、ラジアルタイヤと呼ばれる。このラジアルタイヤの素材に高炭素鋼などを束ねたワイヤーが輪状にして形成されている。昨今新聞やTVのニュースで中国の鉄の消費が旺盛で、鉄の中国相場高騰を受けてフィリピンでも上昇していることもあり、ゴミ集積場のスラム街で夜中の12時になるとラジアルタイヤを燃やして、高炭素鋼のワイヤーを取りだす。乗用車のラジアルタイヤ1本で約1kのワイヤーが取れる。ワイヤーは1k/6ペソになる。


▲産業廃棄物として出た大型車のラジアルタイヤ


▲0:00~3:00の夜中にタイヤを燃やすと真っ黒な煙が上がる
 


朝方に高炭素鋼のワイヤーを収集する


▲ラジアルタイヤを燃やして取り出した高炭素鋼のワイヤー


コメント(4) 
共通テーマ:blog

大都会を夢見て [生活]

アンジェリート(Angelito)(32)さんは、セブ市カマミア・サンタンダァ(Kamamia Santander Cebu City)という片田舎でまともな収入もなく、家族4人は常日頃からトウモロコシの粒をご飯の代わりに焚いて食べていた。マニラに一攫千金を夢見て、コツコツ貯めたお金でマニラ行きの船の片道切符を買った。4ヶ月前に、4歳と9歳の子どもを連れて家族4人でマニラの大都会にやって来たが、マニラでは頼る先もなく、持ち金も使い果たしてしまった。生活に困りゴミ集積場にたどり着いたが、ゴミ集積場では廃棄されるゴミも減り、ゴミ拾いのベテランが換金可能なゴミを手早く拾っていく。ゴミ拾いの新人にとって廃棄されたばかりのゴミ集積場のゴミ拾いの競争には勝てない。アンジェリートさんは、古いゴミを掘り返して1日100ペソの収入にはなるが家族4人で3食は食べれない。セブの田舎に帰りたくてもお金がないので帰れない。船の片道大人一人2,000ペソ×2人=4,000ペソ掛かる。セブに帰りたいと言っていた。


▲ゴミ集積場で穴を掘るアンジェリートさん


▲アンジェリートさんと奥さん(写真左)


▲アンジェリートさん一家の家財道具とブルーシート1枚の家


▲セブに帰りたいとつぶやく奥さん(写真左)とアンジェリートさん(写真右)

 

 

 

 

 


コメント(6) 
共通テーマ:blog

アイスクリーム売り [仕事]

暑い日、子どもたちに大人気なのがアイスクリーム。「チリンチリン」とベルを鳴らしながらアイスクリームの入った台車を押して移動販売しているVioさん(52)。スモーキーマウンテン本住宅から近隣の小学校や子どもたちが集まる場所に出向いて、アイスクリーム売りを初めて12年になる。Vioさんの前職は運転手。契約が切れ職が無くなったので、貯めたお金でアイスクリームを入れる台車を購入した。手作りアイスクリームの1週間分の材料費は1,200ペソ。販売価格は、プラスチック容器5ペソ、コーン5ペソ、パンアイス5ペソ。8:00~18:00の営業時間で、1日の売上は300ペソになるという。乾季の暑い時期はアイスクリーム売りをして、雨季になるとゆで卵売りに変わるという。


▲アイスクリーム売りを始めて12年になるVioさん


▲アイスクリームを入れた台車(日差しが強く被写体が影になる)


▲手作りアイスクリーム3種類、アイスクリームというよりはシャーベットに近い舌ざわり


▲アイスクリームを買いに来た子ども


コメント(4) 
共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。